インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントの構造

右の図のように歯の根に代わる
人工的な根を骨の中に埋め込んだ上で、
その上に歯を形成しようと考えたのがインプラントです。

実際は骨に穴をあけて、そこにチタン等の人工歯根を埋め込み、
それが骨とがっちりと接着した状態で、
その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。

福山・笠岡インプラントセンターでは、「ストローマン社のITIインプラント」を
使用しています。

だからインプラントをお勧めします!

だからインプラントをお勧めします!

インプラントは、あごの骨にしっかり固定されているので、
自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。

つまり今までのような美味しい食事が楽しめるわけです。

また、両隣の歯も削らずに済みますし、負担する力も
従来と同じ程度の負担で済みますから、
両隣の歯の寿命を縮めることもありません。
万が一、将来インプラントを失うことになっても、再度インプラントを植えることも可能です。

インプラント治療は、どこも同じではありません。

かつては少数の医院でしかインプラント治療は実施していなかったものの、
今では非常に多くの医院がインプラント治療を標榜しています。

患者様にとっては、治療技術は見えないもので、専門的で一般の方にはわかりにくいことと思います。
私たち福山・笠岡インプラントセンターのインプラントの特徴についてできるだけわかりやすくお伝えします。
 

治療前の緻密な診断

歯の喪失がどのように起こったか、原因を考え、口腔全体を一単位として治療方針を立てることが大切です。
インプラントを埋入してから上部のものを考えるのではなく、
埋入前に最終完成形を設計し埋入部位、本数を決定します。
これらのためには事前にたくさんの緻密な資料が必要となるのです。
 

CTによる精密検査

「インプラント治療が本当に可能であるか?」、
当院CT検査を実施することで、より正確に判断させていただきます。

ステント作成による3次元での診断
ステント作成による3次元での診断

CT撮影用のステント(ステントとはインプラントによって獲得したい歯の
理想型を模倣したものです)を作成し撮影後、
埋入方向、部位、本数を徹底的にシミュレーションします。
手術時は、別の埋入用のステントを作成し、
理想的な位置に埋入できる手助けとします。